注目キーワード
  1. 心理学
  2. 脳科学
  3. セールス

営業マンが大山に挑戦~その②

  • 2021年10月12日
  • 2021年10月12日
  • 大山, 雑学
  • 17view
  • 0件

営業マンが大山に挑戦~その②

昨日の続きから
神奈川県伊勢原市にある
大山に登頂し
2時間で頂上へ着き、
充実感や達成感がないなぁ~
お伝えしました。

 

そして、
下山は、スピードアップし
最短最速で
下りようと
一緒に登頂した
かっちゃんこと
遠藤勝弘さんと決めたところ

 

とんでもない事態に
巻き込まれたんです

まさかの迷子

 

帰りは相当スピードアップを
しながら降りていたので
階段なんかもトントン拍子で降りてました

イメージとしては
部活動の階段下りて
鍛えてるようなイメージです

 

たまに下山している人がいて
私たちが勢いよく降りていることを
察して少し端に寄ってくれるぐらい
相当な勢いで降りていました

あなた
お先どうぞ~
やまーだ
ありがとうございます~

という感じです

景色を見る暇もなく
かなりのスピードで降りました

 

あっという間に登れた大山に対して
少し自分の身体に負荷をかけたく
楽しみながら降りてました
道中は人の気があまりいないなーと
思いながら歩いていると

 

アップダウンの道がなくなり
フラットの状態になった時でした

 

私が動画を撮りました

 

直線的な山道で右からは太陽の光が差し込み
非常に神秘的な場所であったので
動画を撮ったのですが
ここですでに間違いが起きていたです

 

下山するルートが間違っていて
逆方向へ歩いていたのにも
関わらず

やまーだ
あと700 Mだ~

みたいなことを動画で話をしていました

 

これよくよく動画を振り返ってみると
逆方向に700 M と矢印があったんです(笑)

 

別ルートを突き進んでいました
そして別ルートが約3.7キロという数字が
出ていたにも関わらず・・・。

 

そしてどんどん人の気がいないような
道を下山して行った時に
一つ分岐点がありました
日向薬師2.9キロ!

 

そして
下山が1キロ!
矢印が逆方向を
向いてるのにも関わらず
日向薬師の方を
降りて行ってしまったのです汗

 

ここからは迷宮入り、
かなり降り続けていた矢先に
山を工事している
お兄さんに出会いました

 

お兄さんに

 

やまーだ
大山の下山はこっちの方で
合ってますよね

聞いたところ

兄ちゃん
まったく逆方向ですよ
やまーだ
まじか
にいちゃん

こっから降りて行くより
戻った方がよっぽど早いですよ

と言われたにも関わらず
登る気力がなぜか二人ともなく
下山を決意してしまったのです

道が見えた!

 

ここからが
神様に試されたような状況で
1時間ぐらいかけて降りたら
アスファルトが見えてきたんです

 

よっしゃー
車が通れるアスファルトが見えてきたぞ
と気持ちが高ぶったのですが
なんと全く車が通らないアスファルトでした

 

そして電波が相当悪い状況で
なんとか Google ナビが道順を教えてくれたのですが
そこから1時間以上通り沿いの方にかかると言う
ナビが出た瞬間に唖然としました

 

車が通らないかなあと思ったのですが
そうそう車が通るわけでもなく
歩くことを決意しました

人は目標ないし途方もくれると思うと
体がどっと疲れるんだなと感じました

 

これはビジネスにおいても同じで
目標設定を見失うと路頭に迷う
まさに同じ体験をしました

 

そこから微妙なグーグルマップを
みて下りながら歩くと
禁止区域の方へ行けと
グーグルマップは言っている!?

 

迷った挙句、禁止区域へ
踏み込みました

そしたらなんと
通ってはいけない道なのに
反対方向から車がバンバン取り出し
10台くらい通りました

 

やまーだ
おいおいここを通行禁止の区域じゃないのか

 

二人はそう思っていたのですが
少し徐行する車をよくよく見ると
フロントガラスに許可証の紙が貼ってあり
通行許可だったということがわかりました

 

逆方向ではあったのですが
乗せてって欲しいなあという
淡い気持ちがありましたが
そんな雰囲気はまるでなく
車は無情にもバンバン通り過ぎ
また二人は歩き続けました・・・。

 

そしてち出口がやっと
見えてきて、
よっしゃ!と
よくよく見ると
やはり禁止区域の扉があり
ガッチリ鍵がかかっていました

 

本当にあの車たちはこの鍵を開けて
通行したんだなと思うと
ちょっと ぞっとしました

 

俺たちも、よく無事に通行したなと汗

 

民家も見えてきて
二人は、ほっとしました

 

住人の人も
不思議そうな顔で話しかけてきて

 

内容を話すと、

 

住人
それは大変だったね・・・。

と話をしてくれた時に
人ってやっぱりいい!と
温かさを感じました

試練は続く

 

そしてやっと通り沿いに
たどり着き、バス停を見つけました

 

やまーだ
やっと着いたわ

 

と思った矢先に
バスが逆方向から来ました

ということは
自分たちが行きたい
大山方面のバス停もあるなと
思ったのですが・・・、
なぜか見当たらないのです

 

やまーだ
まじか

 

またアクシデントかなと思ったのですが
よくよく調べてみると
上りも下りも同じバス停に
時刻表がありました

 

やまーだ
なんと分かりづらいバス停なんだ!

 

と時刻表をみたら

やまーだ
10分後に来るね

 

と楽しみに待っていました

 

と思っていた矢先に
200 M 先に見えたのですが
なんと左折をしたバズをみて
新しい道路の方へ
走り出していっちゃったのです汗

 

ちなみに私たちが待っていた
バス停は旧道だったので

 

 

やまーだ
まじかー

と新しい道路の方へ小走りで走っていたところ
バスは無情にも走り去ってしまったのです

 

その時にまたまた住人が歩いていたので
話を聞いたところ

 

住人
こちらの新しい道はね、バス停ないのよ

 

やまーだ
え~まじですか

 

やまーだ
じゃあ何故今バスが通ったんですか
住人
あのバスはたぶん直通か、
もしくは回送よ
やまーだ
まじか

と思った瞬間に
旧道を見渡すと待ったいた
バスが通り過ぎたのを見ました

 

またまた試された状況で
バスに乗ることをもう諦めようかなと
そのまま歩き続けようと思ったのですが
さすがにグーグルマップを見た時に
これ相当距離があるんじゃないかと
感じて、先程のバス停に戻ることにしました

最終的には判断は
間違ってなかったのですが
その日はすごいいい天気だった
にもかかわらず
バスを待っている10分間
急激な雨が降ってきました

 

やまーだ
まじかー

 

最後の最後まで必要ないし
充実感・達成感を味わった状況です(笑)

 

そして車を停めた駐車場へ
着いてやっとの思いで
帰ることが出来ました

 

まとめ

 

このきっかけは頂上へ登った時に
神社の真横で充実感がないという
吐露したことが原因だと考えています

 

私たち二人が富士山を登頂してるので
大山を登山をする上では
相当準備をしていました

 

着るものから、スティック、靴
そして食料などかなり万全な体制で
登山はしたので
山を甘く見ていたわけではないのですが
山の神様は本当にいるなと感じました

 

言霊というものを改めて身に染みました

 

特に言ってはいけない場所で発した言葉は
即日、充実感と達成感を
してもらえたということです

 

分かりやすく言うと
願いはすぐに叶えてもらったと
言っても過言ではありません

 

このブログを読んでいて
嘘みたいな本当の話だと思う人も多いでしょうが
私は体験をもとに話をしているので
ほぼ間違いはないと思います

 

やはりどんな山であり
そして神社が祀っている場所であれば
頂上に登れたことに対して感謝をし
今あることに対して全て受け入れ
ありがたいことだと
感じることがとても重要だ
ということがわかりました

 

来月に大山阿夫利神社にやはり言って
感謝を伝えに行きたいと思います

そして願いを叶えてもらえることが分かったので
またご挨拶かっこ挑戦に行ってきます

 

本日も最後までブログを
読んでいただき本当にありがとうございます

 

コメントも是非お待ちしております

 

ブログ村と有名ブログランキングエントリー中
みなさんの応援が励みになります
ポチっとお願い致します
にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村


営業ランキング

大山の最新記事4件

 data-src=一生のスキル【無意識クロージング】" width="1280" height="768" >

一生のスキル【無意識クロージング】

クロージングに悩んでいる営業マンに、いとも簡単に、お客様から買わせて下さい!とお願いします!と言わせてしまう「無意識クロージングセミナー」を緊急開催します。

CTR IMG